ヘアデザインからみるコミニケーション

新生活が始まりました!
入社、入学、新天地への暮らしなどなど
今年はリアルで人会う機会が増えましたよね。
対人関係で初見で出会う人も多いのではないでしょうか?

そこで、
今回は“印象”に関するテーマで、お伝えできたらと思います。

印象は、3秒で決まる!とよく言われますが、これはねぇほんとうだとおもいます。
人は、パッとみで判断できるんですね。
その割合は顔が20~30%、髪の毛が80~70%
なんと髪の方が印象に大きく影響!驚きますね~
だいたいは、髪の長さか前髪しか捉えていないのですけどね。
でもですよ、もしかしたら
髪の毛は清潔に保ちピシッとまとまっていた方が、少しでも好印象に残りそうですよね。

そこで、
もうすこしヘアデザインにフォーカスしますと、
前髪あるなしで印象の意味合いが変わってきます。
2点の視点でお伝えすると、こんな意味あいがある。

まず心理面でいうと、
おでこがでていると意志がある人、前髪あるとか弱い人。
デザイン面で言うと、
おでこが出ていると大人っぽさ・意志が強い、前髪あると可愛らしいさがある。
前髪で左パートで流していると個人が強いし、右パートだと強調性がある。

相手とお話するときに、相手のおでこが空いている側で話しかけると警戒心なく話しやすくなりますよ。
またこの心理を逆手にとって、ご自身が話しかけられたくないなとおもっている時(ニガテな人には)隠れている方に立ち位置など変えてみてください。
おそらく壁を感じのではないでしょうか笑
まだ馴染まない環境下の真只中だとおもいますが、参考程度に試してみてください。

相手を知るときは、よく見てよく聴く事。
まずコミニケーションの一歩だとおもいます。

関連記事

  1. 真皮まで届く強い光線

  2. 今年もキャラット農園始めました。

  3. 素朴な質問にプラス@