美容室に長いできない人のための、7つの伝え方

『早く終わらせてほしい人の時短法』
美容室にきてリラックスされてる方が大半ですが、中にはスケジュールかタイトだったり、そもそも美容室に居たくないという方もいらしゃいます。
今回はその方向けに、スムーズなやりとりお伝えします。
(今回はカットの場合)

カットデザインは、ほぼカウンセリングで決まる!
ここに時間をかけて、後はパッパっパと仕上げてもらうのです。

今、どういった事で困っているのか?
どんな状況、状態で日々過ごされてて困っているのか?
また、一見関係ないところからもアイディアの素になりやすいので、現在のライフスタイルや考えを過不足なく伝えてみましょう!

ここで、参考までに7つのポイントを入れておきます。
しっくりくるものを選んで、自分の基準にしてみて下さい。

1.今自分はどんな気持ち 
さっぱりしたい、ちょっとでいいかな など

2.切るとしらどこまで?
肩下まで、肩上まで、顎下まで、耳たぶが見える長さ など

3.どんなシルエットが好み?
丸く、ひし形、縦長く など

4.どんな手入れをしている?
ドライヤーだけでまとまりたい、アイロンを使う コテ巻きする スタイリング剤を使う

5.お子さんがいるかどうか
小さなお子さんがいらっしゃる場合、乾かす時間がないので早く済ませられるようにするとか、髪をひっぱられないぐらいの長さとか
学生さんがいる方ですと、どんな行事・催しがあるのかを伝えるといいです。ライフスタイル・子育てについて話してみしょう。

6.職場の規則
例えば飲食で勤めてる方は、衛生が気になるところ
接客業ですと、印象もありますので辺りをお伝え下さい。

7.好きな雰囲気・ファッション・趣味
1番は好みを知りたいですね。好きなだけ語ってくだい。
画像・カタログを通して伝えたり
あとは好きな事や応援してるアーティストやグループ
趣味イベントなど
結構ここを話すことで、個性が出ますね。スタイリングにも影響大です。美容師さんも、好みが知りたいはず

さて、7つ並べてみましたがいかがでしょうか?
伝え方によってスピードが断然た変わってきます。
なので、切る前のカウンセリングの時はたっぷり時間を使って
いいので、全部出し切るぐらい話しあってみてください!

関連記事

  1. 動機は不純だっていい

  2. 知らずしらずの習慣

  3. 黒染めしたところは、明るくなりにくい。

  4. 輪郭がボヤける