輪郭がボヤける

たまたま週刊誌でアートメイクの特集の記事があって、お客さんと話題になった。
因みに、アートメイクとは墨入れのことだ。
むかし眉毛を墨で描いておくと手入れがラクで、めんどくさがり屋の人には良かった美容整形。今回は眉だけではなくアイラインとリップラインもだ。アウトラインを墨でなぞると際立ちよくキリッと。エイジングで輪郭がボヤけてきてしまったお顔を立体的にみせ若々しくなるマジック。
若返りでよく耳にするマイナス5歳とは、こうゆことかとまじまじ思った。

このボヤけが、歳の差をかんじるよなぁと昔の写真をみて思う。
比べるとやはり皮膚感がちがうし
ハリとかツヤとかたるみがない。いつのまにか失われていっている自分の細胞。
一応、お肌の状態を言っていますが、これは髪の毛にもおなじ事がいえますよ。

ボサボサ、バサバサ、パヤパヤの原因は衰え。
シルエットが整っていないと、清潔感や好感度などが悪くみえてしまうので、
シルエットがぼやけない為にも、ヘアケアはとても重要だとおもう。
若々しく保つには、あの手この手でやらねばないのかとしみじみおもう今日頃です。

関連記事

  1. 動機は不純だっていい

  2. 知らずしらずの習慣

  3. 美容室に長いできない人のための、7つの伝え方

  4. 黒染めしたところは、明るくなりにくい。